実は大学時代は卓球部

朝 梅とおかかのおにぎり、ちりめんじゃこのおにぎり

夜 小杉湯から「フジ」でチキンソテー

夜食 卓球を見ながらイチゴとアイスクリーム

 

月曜日はなんとなく「映画の日」になってきた。「写真学生」の収録の時に「何か面白い映画ある?」と聞いてみた。彼はいろんなものをみている。映画だけじゃなく、文学とか音楽とかよく知っている。

「最近だと『映画大好きポンポさん』がよかったです」というので、どんな映画か検索したらバリバリのアニメ画で、ついていけそうにない。でも彼が面白いというのでかけてみた。月曜日の9時半からの回を見るために新宿に出た。

結論、面白い。荒唐無稽というか「そんな上手くいくかよ」と思うようなストーリーだが、ちゃんと面白い。面白いって不思議。ロジック関係ない。

「映画を作る現場の映画」だから、監督や女優が出てくるのだが、プロデューサー役が「ポンポさん」。一度検索してみて、引くから(笑)

新人の映画監督のサクセスストーリーなんだけど、出てくる人たちは全員いい人。そんな全肯定の映画は、多分実写では無理。

まだ何者でもない「写真学生」には、背中を押される映画なんだろうなということはよくわかる。

 

「ポンポさん」を見た後はなんかやる気が湧いてきて、そのまま暗室へ向かった。先週金曜日に現像したネガを乾燥ラックから外してライトボックスの上で見る。11x14インチ(ほぼA3サイズ)のネガはキズがあったりホコリがついていたりしたが、なんともいい感じ。

早速ベタ焼きをしてみる。というかフィルムサイズが大きすぎてベタ焼きしかできないんだけど。露光時間は360秒、つまり6分もかかった。

同じネガから明るさや印画紙を変えて5枚くらいプリント。それを2カット。

 

映画見て暗室入って、銭湯から「フジ」でご飯食べて帰宅してからオリンピックで卓球が金を取るのを見るという、なかなか贅沢な一日だった。

六つ切り印画紙に焼かれたカラープリント

朝 豆のシリアルとヨーグルト

昼 「太田」の日替わり定食 (カマスの塩焼きと刺身)

夜 サンマとキャベツとシラスの玄米パスタ

 

庭の金魚鉢というか火鉢を掃除。そしたら5匹いるはずの金魚が4匹しかいない。もともと6匹だったのだが、1匹外に飛び出して残り5匹のはずなのに。金魚鉢の周りにもいなかったから飛び出してしまったわけではなさそうだ。

妻曰く「よく庭に来ている鳥か、もしくはカラスよ!」確かに。でも水面は水草で覆われていて中はよく見えないのだけどなあ。謎だ。

 

娘の新居用に、20年前に買ったアンティークのテーブルと椅子を運ぶ。そこそこ良いものだし、引き出すとテーブルが広くなる仕掛けがあって使い勝手がいいやつだ。

自宅にはプアハウスから譲ってもらった大テーブルがあるので譲ることにした。いや、実はあまり使ってないから押し付けた(笑)

 

2BChannel名物「写真学生」にプリントを見せてもらう動画を収録。「写真してる」という表現がしっくりくる。1日で焼いたというが、いいプリントだった。

ここで言う「良い」というのは明確に言語化できるものじゃない。

とにかく1枚目で分かる「これはいい写真だ」。匂いがするというか、目触りがいい。

収録後ほとんど編集もせずにアップした。彼の言葉から出てくる生っぽいところが伝わったらいいな。

 

夏休みの宿題を手伝う

朝 豆入りトマトリゾット

夜 玄米のワンプレート

 

学生が相談にやってきた。大学の夏休みの写真制作の宿題が「SDGs」なんだそうだ。なるほど今っぽい課題だ。確かにこれを外して表現行為は成立させずらい時代だ。でも写真にしようとすると「現在の問題点は⚪︎⚪︎です」というものしか上がってこない気がする。特に「こんなに環境が汚染されています」と提出されてくる写真がほとんどだろうなあ。

宿題の規定を聞いたら「20枚の写真を提出、展示も視野に入れる、組写真ということも考える」ということだった。

SDGsが「持続可能な努力目標」というこだから、今の問題を未来にどう結びつけるかが大事になるわけだが、上記の規定だとそこが盛り込みづらくなる。

いっそポスタープレゼンテーションのように、A1くらいの大きさに写真もテキストも入れ込むという形ならやりようがあるんだけど、「写真で語る」ことをベースにすると、話は格段に難しくなる。ストレートに対象物を撮るだけだと、先程書いたように現状の問題点の羅列になりがちだ。

 

「旅と電車」をずっと撮っている彼とSDGsに結びつく接点は無いかと探していると、現在見直しが進んでいる路面電車(トラム)が浮かび上がってきた。北陸ですでに新設のトラムが稼働していて、富山、金沢では観光だけではなく市民の足として見直されているようだ。

高齢者の事故が社会的な問題になっているが、その解決策にもなる。地下鉄よりも工事費がかからず、メンテナンスも楽。

僕はアムステルダムに何度か行っていて、その都度使っているが、周りの景色が見えることで降車する場所が分かりやすい。そのためひとつ前の駅で降りて散歩することも多い。すると思わぬお店を発見できたりする。

トラムは地方都市の在り方を変えてしまう力があるのではないか、それは「持続可能な努力目標」という未来思考と合致する。

作品化するための具体例としては、西野壮平や糸崎公郎をあげて「新しい地図」を作る方法例を見せた。

 

とにかくまず現地に行ってみる、次に都市計画を考える、最終的に新しい街を想像する。

あとは「足を使え、頭を使え、さっさとはじめろ」と毎度毎度同じことを言って2時間の面談終了。

ビックカメラに4本のネガカラーフィルムの現像を出したら仕上がりは1週間後だった

 

朝 豆のグラノーラ、きしめん、ゆで卵

夜 お寿司、チャルメラ味噌

デザート 桃とメロン

 

お寿司を食べながらオリンピック開会式を見る。お祝いだからと理由をつけて最近遠ざけていたインスタントラーメンも食べた。

別の意味で話題になっていた開会式だが、前半地味だなと思っていたら後半のドローンはすごかった。聖火点灯まで見たら夜の12時になっていた。

 

金曜日は暗室の日。オリンパスOM-1で撮った35ミリが1本、エイトバイテンが5枚、11x14インチフィルムが2枚。

11x14インチのフィルムは2年前に撮影だけしていて、ほったらかしにしていた。現像してみたらなんかいい感じだ。A3くらいの大きさのフィルムに、女性ポートレートが写っている。ピントが顔に合っていないのだけど、それがいい。

11x14インチカメラの標準レンズはなんと450ミリ。面積は35ミリフィルムの80倍。引き伸ばしは、フィルムサイズが大きすぎてできない。もっともベタ焼きでも十分な大きさがあるけど。

15歳の夏に初めてフィルム現像した時のことは今でも覚えている。そして45年やってもまだまだ楽しい。

 

来週も暗室に入るために撮影しないと。

報道写真も現代写真

朝 キャベツと燻製牡蠣の玄米パスタ

夜 レンコンのキンピラ、ゴーヤと豚肉の炒め物、キャベツとニラの梅肉和え、寝かせ玄米、舞茸のお汁

 

何度やってもB &Hの決済ができないので、クレジットカード会社に連絡したら、不正アクセスだと思って止めていたらしい。数年前はよく注文していたのだが、最近はフィルムや印画紙の購入をしていなかったからなあ。

ようやくエイトバイテンのカラーフィルム3箱を注文完了。長年やってみたかったことをひとつクリア。まだ何も撮ってないけど(笑)たった30枚、何かのシリーズを作るには少なすぎる枚数だ。なので、30枚という数を利用して毎日1枚づつ撮るという「日録」を1か月やってみたらどうかと考えている。言うほど簡単じゃないけど、2021年の夏をひと月撮るのもいいんじゃないかと。

 

恵比寿のアメリカ橋ギャラリーでやっている蒲原 裕写真展「醒めない正夢」を見に行った。会期は7月26日(月)まで11:00 - 19:00 (最終日は17:00まで)

ローライフレックスで撮られたカラーネガプリントということで気になったのだ。解像度の低いプリントに最近惹かれる。高画素デジタル機はモニターで見るといいのだが、プリントアウトすると良さが半減する気がする。

 

そのまま近くの東京都写真美術館地下でやっている「世界報道写真展2021」を見る。毎年やっている恒例の写真展だが、見にいくのは久しぶりだ。

詳しくは来週水曜日の2BChannelラジオでやりたいと思っている。

報道写真展で受賞している作品のアプローチは、現代写真とまったく同じ。ベースにはSDGs(持続可能な努力目標)があり、貧困と環境問題になっている。歴史上の決定的瞬間を捉えたものではなくて、テキストを読まないと理解できないのも現代写真そのもの。

スポーツ写真の部で自転車レースの壮絶な落車シーンがあって「これぞスポーツ写真」という1枚だったが、それは3位入賞だった。そういえば「渡部さん、もうスポーツ新聞の写真に決定的瞬間はいらないんですよ」と新聞社時代の後輩カメラマンも言っていた。

いつも思うのだが、海外のカメラマンの写真のレタッチって日本人とはまったく違う気がする。同じカメラ、おそらくキヤノンかソニーなわけだが、彩度やコントラストが高いわけではないのに、押しが強い印象を受ける。

 

 

 

夏休み初日

朝 柿の葉寿司

夜 マキさんのご飯〔自家製漬物、ラタトゥイユ、鹿肉、作りたてピッツァ、などなど〕

 

名古屋県美術館で開かれている「ジブリの大博覧会」に日帰りで行ってきた。来年には名古屋に「ジブリパーク」ができるので、その告知も兼ねているんだろう。

なぜジブリの展示をわざわざ新幹線で見に行ったかというと、「風の谷のナウシカ 」に出てくる「王蟲(オウム)」の世界を再現したブースを造形作家の竹谷 隆之 さんが担当しているから。

竹谷さんとは家がご近所でアトリエを見せてもらったことがある。その時に作っていたものが、今回展示されているのだ。これは見に行くしかないでしょ。

ちょうど今日から小中学校の夏休み初日だったため、会場は子供づれが多かったが、これは間違いなく大人向け。案の定、子どもより、親の方がはしゃいでいた(笑)

竹谷さんの作った「腐海」の世界なんて小さい子が見たら今晩夢でうなされそそうなくらいの迫力なのだ。怖い、でも見たい、でもやっぱり怖い、けどなぜか触ってみたくなる(触っちゃダメだけど)。

 

展示を見ていくと「よくこんなの取って置いたよなあ」という端書のメモまで残っている。どんな収集の仕方なんだ。普通はゴミとして捨てそうなものまで残っていて、それが今では資料的な役割を果たしている。「断捨離」の反対側のベクトル、そして普通は絶対真似しちゃいけないやつ。

 

三鷹に「ジブリ美術館」があるのだが、近くなのに今まで行ってなかった。でも今回名古屋まで行ってきたのだから、三鷹も行こうと決めた。チケットが完全予約制だから、ハードルは高いけど、酷暑が終わった頃に行ってみよう。いや、酷暑の方が空いてていいか、でもジブリ美術館が空いてるわけないか。

「歌よ導いて」

朝 ズッキーニとアボガドとタコの玄米パスタ

おやつ スイカ

夜 餃子、キュウリとワカメの和物、カボチャと豆の煮物、白米、豆腐のお汁、ビール


餃子とビールって、なんでこんなに美味しいんだろう? それと最近はカボチャも。


『竜とそばかすの姫』の劇中歌に「歌よ導いて」という歌詞がある。これは歌に限ったことではなくて、表現するということは自分の知らない世界へ連れていってもらえることなんだと思う。

表現というのは何も特殊能力じゃなくて、身体の動きそのもの。たとえば声を出したり触れ合ったりすることも、他者からみれば表現になる。つまり表現は他者と繋がるためのツールということだ。


片山真里という日本を代表するアーティストがいる。ベネチアビエンナーレの招待作家であり、2020年度の木村伊兵衛賞受賞者でもある。彼女の『TED』でのプレゼンテーションがアートのあり方のひとつを示しているのではないだろうか。


https://youtu.be/sESC5HKI4w4


片山さんは先天的に左手の指が2本しかなく、生まれつき不自由だった両足を9歳の時に切断しているため、それ以来義足を着用している。

プレゼンテーションの冒頭で、履いていた義足を外し、ハイヒール用の義足に取り替え、そして話し始める。


「誰かに何かを伝えたいとき、誰かと解り合いたいとき、あなたならどんな方法を採りますか?

言葉でしょうか? 身体と身体のぶつかり合いでしょうか?

残念ながら私は そういうコミュニケーションは全く信じられません。」


小学校時代の壮絶ないじめから、高校時代に義足に絵を描くことで世界が広がっていく。彼女は義足に絵を描くことで他者との関わり合いを持った。

「義足が私を遠くに連れていってくれた」という言葉が先程あげた「歌よ導いて」と結びつく。そして『TED』の最後では片山さんも歌を歌う。

歌は歌詞が分からなくても通じる。言葉の役割をやすやすと超えていく。写真もそうなんじゃないかと。


「還暦だし」とちょっと逃げ腰になっていたけど、もう一度「写真よ導いて」という気になってきた。

外の暑さと、館内の冷房温度に差がありすぎ

朝 豆のグラノーラ、リンゴ

昼 渋谷東急の「更科」で野菜天重お蕎麦つき

夜 松屋の牛丼、アチャール

 

月曜日は映画の日になってきた。今週は『龍とそばかすの姫』。細田守監督の作品は『時をかける少女』を見て以来、多分全部見てる。理由は身を委ねて安心して見ていられるから。どの作品も見終わった後に気持ちが軽くなっている。

今回の『竜とそばかすの姫』は音が素晴らしいので、見るならドルビーサウンドの映画館がおすすめ。個人的には終盤の主人公の父親のセリフに鼻の奥がツンときた。

 

この映画が、いま行われている「カンヌ国際映画祭」の新設部門「カンヌ・プルミエール」で公式上映され、なんと14分間のスタンディングオベーションで絶賛されたそうだ。僕は関係者でもなんでもないけれど、そのニュースを知ってなんか嬉しい。

 

映画を見る前に、渋谷東急Bunkamuraで「マン・レイ展」を見てきた。

「マン・レイはいままでいろいろな写真集や展示で散々見たから、すでに知っている」と思い込んでいたら、全然知らなかったことに気がついてしまった。なんてかっこいいんだ。

写真作品だけではなく、絵画や彫刻、デザインなどがとても丁寧に並べられている。

今年みた中で一番だった。写真好きの人におすすめ。現代写真とのつながりも見て取れるし、ダダやシュールレアリスムを知る良い手掛かりになると思う。

印刷物でみるマン・レイの作品とは、まったく違うものがそこにあった。嬉しいことに立ち入りを制限する白線がないから額から10センチくらいの距離から凝視できた。

後ろからの係員の視線は痛かったけど。

20歳の友だち

朝 ツナとアボガドを挟んだマフィン

夜 雑穀玄米のカレー、アチャール、アスパラと茄子のオーブン焼き

 

夕方髪を切りに美容室へ。阿佐ヶ谷に引っ越してから10年以上ずっと同じ床屋さんに行っていたのだが、数カ月前から知り合いが通っている美容室に行くようになった。

そうなると、駅までの通り道にある床屋さんの前を通るのが、ちょっと気まずくなった(笑)

 

週末ごとにやっている学生とのzoom講座では、あるひとりの学生と1時間ずっと話をすることが多い。大学生なのだが、本人曰く「筋金入りの引きこもり」。

彼によると「引きこもり界隈」では、昨今の自粛生活はとても喜ばしいことだそうだ。言われなくてもずっと自粛生活を送ってきたわけだから(笑)

引きこもりってゲームばかりしている印象があるが、引きこもりにも多様性があって彼は本をたくさん読んでいるので話をしていて楽しい。だから講義じゃなくて雑談というか会話。

考えてみれば、自分が20歳の時に60歳と話すなんてことなかったな。60歳って完全に終わってると思ってたから。

ところが彼はいつも付き合ってくれる。こっちとしては新しい友人ができたような気分だ。彼はそう思ってないけど。いいんだ、こっちの気持ちだから。

 

そういえば2BChannnelの「写真学生」から連絡があって、進めている卒業制作の2回目の審査で赤々舎の姫野さんと評論家の竹内万里子さんに「写真人生で一番褒められた」と言っていた。

“あのふたり”が手放しで褒めるなんて聞いたことないぞ。

なんだかんだで首の皮が繋がったというか、空から蜘蛛の糸が下りてきたというか。切らさぬようがんばれとしか言いようがない。

彼には「こっからが勝負だよ。一切の妥協もなし、これでダメなら全部ダメっていうくらいの気持ち。一生にそうあることじゃないから。必死で」と返信した。

 

 

 

習慣みたいなもの

朝 キャベツと豆のスープ

昼 「太田」で日替わり定食

おやつ 「とら屋」でフルーツあんみつ

夜 キーマカレー

 

娘が顔を出したので、3人でランチをしたあと、妻が陶芸を習っていたときの先生が、近くのギャラリーで展示をしていたので、見に行った。最初は自分で器を焼いていた妻はあるとき「思い通りの器が全然作れないなら、先生のを買えばいいんだ」ということに気がついてしまったようで、以来機会があるごとに、その先生の器を買い求めている。

昨日は娘の新生活のための器を3枚、それと土鍋を注文した。この土鍋は万能で、お鍋だけじゃなくてご飯を炊いても美味しい。

先生の器は決して安くないが、味を変えてしまうほどの力があるので大事に使っている。娘も先生の器で育ったようなものだから。

 

昨年の2BChannnelを見るとパーカーしか着ていない。昨年は3月から半年間外に出ることがなくて、ついつい楽なパーカーを着て過ごしていた。するとますます外に出なくなるので、今年はかなり積極的にシャツとかTシャツを買うことにした。ちょっといい服を着れば、外に出ようとするだろうから。

仕事的には外に出ずに済むのだが、そんなことしていると写真も撮らなくなるし。外に出る時は意識してカメラを持って出かけるようにしている。フィルムカメラの場合もあるし、デジタルカメラの時もある。

昨日、出先のお店で「何を撮っているんですか?」と聞かれたけど、なんて答えていいのやら困ってしまった。

僕が町で写真を撮るのは、絵描きがレストランなんかで暇を持て余してナプキンの横にささっと絵を書きつけるのと似ている。

制作というより習慣みたいなもので、それで何かにしようとは思ってないけど、なんだろう、依存症かな(笑)

 

 

 

 

僕も見ていた38年前の東京

朝 寝かせ玄米のトマトリゾット

夜 カツオと野菜の炒めもの、カボチャの煮物、枝豆とコーンのダシ、冷やしアワ麺、

 

金曜日は暗室の日。先週現像したフィルムをネガシートに入れる。1本間違えてカラーネガをモノクロ現像してしまった。どうなったかというと、ベースは赤茶色だが、ちゃんと画像が出ている。ほぼ適正のネガ濃度がある。理論上はカラーネガもモノクロ現像の薬品で処理できるとわかってはいたが、実際やってみると驚き。ちゃんと画像が出るんだ。

次回はプリントしたいので、水周りをきれいにしておいた。これでいつでもプリントできる。

昨日注文がうまくいかなかったB&Hの決済はいまだにうまくいかない。なんとかカラーネガを手に入れたいのだけど。

 

暗室のある新宿から神保町の出版社「インプレス」へ。『デジタルカメラマガジン』の対談。お相手は写真家の善本喜一郎さん。名前に善と喜が入っている。いい名前だよなあ、成功が約束されてる(笑)

善本さんは今年5月に『東京タイムスリップ1984⇔2021』という写真集を出版されていて、アマゾンの写真関連で一時ランキングトップになっていた。

善本さんとは同世代、1984年は僕が大学を卒業して、社会人になった年。38年前だ。彼がその頃撮った東京のスナップを、再び同じ場所で撮影したものが並んでいる。

インスタから火がついて出版化された。でも本の方が圧倒的に面白い。印刷物だと左右に並べることができる。インスタではスワイプすることでふたつの画像を切り替えてみることになるから、じっくり見比べることができない。それが本だと細かいところを見比べることができて面白いのだ。

すごいのは作者が20代前半に撮っているのに、そこに作為的なところが見えないこと。それゆえに40年近く経った現在その写真が面白く見える。

「普通に撮る」って誰にでもできることだけど、誰もやらないことだと思う。  

それが一番面白いって、ずっと後になってしかわからないから。

何度やっても決済できない

朝 キャベツとタコ、シラスの米粉パスタ

夜 自家製寝かせ玄米のワンプレート

 

「エイトバイテン展」の最終日。家を出ると夏雲が広がっていた。今日から夏になった。季節は一日で変わるけど、昨日がその日だ。

会場にいると「2Bchannelを見てきました」という方が多かった。「いつも見ています」と言ってもらえると、嬉しいけど恥ずかしい。写真展でも自分の作品をじっと長い時間見つめられると、嬉しい反面「あんまりじっと見ないで」と思ってしまう。

他の展示作品を見ていたらカラーで撮りたくなってしまった。いや、ずっとエイトバイテンをカラーで撮りたかったのだが、コストに見合わないと手を出していなかった。ヨドバシカメラだと10枚入りのフィルム一箱が4万円以上する。現像代は2000円。つまり1カット6000円だ。

でも還暦を迎えた今、もうコスト計算やめることにした。やりたいことはやる、行きたいところは行くと決めた。

すぐさまニューヨークの量販店「B&H」のサイトからエイトバイテンのカラーフィルム3箱を注文。660ドル!

鼻息荒く決済ボタンを押したのだが、最後の最後でエラーが出てしまって買えない。

しょうがないのでヨドバシドットコムから注文しようとしたら「現在取り扱っていません」となってしまってる。

なんとかB&Hを復旧しないと。カートには3箱入ったままになっている。


先週から「にわか庵野ファン」になってしまい、昨夜は安野秀明監督の実写作品『式日』を見た。2Bchannelライブのコメントで勧められたのだ。運良くアマゾンプライムにあった。

最初は辛そうな映画なのだが、中盤を過ぎると面白くなる。ただしストーリー性とかないけど。

周りにいそうもない女性なんだけど、なぜか知っているような気がしてしょうがない。

最後のエンドロールに「スタジオジブリ」とあってびっくりした。プロデューサーは鈴木敏夫とあるではないか。アニメだけじゃなくて実写も作ってたんだな。

そういえば高畑勲監督も実写のドキュメンタリー映画撮ってたもんな。