写真を撮るとき、特にモノクロで大事なのは光だと思っていたけれど、近頃は温度というか熱だと思うようになってきたのよ。背中とか首筋が「あったかい」と思えるときは目の前にエネルギーがあふれているわけ。 暗いところでも、どこかにポッと「あったかい」ところがあって、僕はカメラをエネルギーを集める装置だと考えている。

以前Twitterで呟いていたようなことをしばらく不定期でやってみようと思った。